クレジットカードとは


クレジットカードとは、ショッピングの際に、現金を払う代わりに支払いを行えるカードのことです。その場ではクレジットカードで手続きをし、実際の支払いは月末にクレジットカード会社にします。現金を保有しなくても買い物ができるとても便利なカードです。
普段、1回払いでカードを使っていると、あまり感じることは無いのですが、クレジットカードを使うことは一種の借金をすることです。その場では支払わずに、月末にまとめて支払うのですから当然です。ただ、普通の借金と違うのは、一回払いに限って利子がかからないということです。ですから、皆さん一種の借金だとは思わずに、クレジットカードを使っているわけです。

なぜクレジットカードというのか

クレジット(credit)とは、英語で信用を意味します。なぜクレジットカードという名前が付いたのかは、クレジットカードの性格を踏まえれば分かります。クレジットカードには、発行の際に審査があります。この審査では、クレジットカード会社が保有している信用情報(その人がどれだけ誠実にお金を返すか、どの程度の支払能力があるのか)や、他の信用情報機関からの信用情報を元に行われています。なぜこの様な審査があるのかは、クレジットカードでの買い物が一種の借金であることを考えれば、簡単なことです。クレジットカードの使用が一種の借金である限り、クレジットカード会社にとって使用者の信用はもっとも大切なことなのです。

具体的な仕組み

通常の買い物では、消費者がお金を支払うのと引き換えに商品を受け取ります。一方のクレジットカードを使った買い物では、消費はお金を支払うことなく商品を受け取ることができます。その代わりに、後からクレジットカード会社を通じて、料金を支払うことになるのです。実際のお金の流れは図の通りではなく、クレジットカードの引き落とし先の銀行を通じて行われるのですが、簡略化の為にこの様にしました。
この様に、買い物をクレジットカード会社に仲介してもらうことによって、料金を後払いで品物を購入することができるのです。支払いを、さらに延ばしたい場合は、分割払いなども用意されています。

この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」や「ツイート」で共有してくださいね!

このページの先頭へ