クレジットカード会社の種類


クレジットカードを発行している業者

クレジットカードは実に様々な業者が発行しています。まず第一に、銀行系クレジットカードです。銀行や銀行を中心とする金融グループの子会社が発行しているクレジットカードです。
第二に、信販系クレジットカードです。これは、信販会社が発行しているクレジットカードです。
この2つが、主な発行元です。そして、第三に提携カードです。ヤフーカードなど、クレジットカードとは関係ないような会社のブランドでカードが発行されている場合がありますが、これは提携カードです。ブランド企業は名前をつけて客を集めるだけで、実際のカードの管理は提携している信販会社などが行います。
この他にも、流通系カードやメーカー系カードなどもあります。
今では、どの発行元のカードでも、それほど気にする必要はありません。銀行というものは立場が特殊なので、一般の企業には無い様々な規制がかけられています。かつては、銀行系クレジットカードは、分割払いを提供することが認められていませんでしたが、現在では認められています。よって、現在ではどの発行元のカードでも同じような使い勝手で使えるわけです。

国際ブランドとは

どの発行元のカードでも同じような使い勝手で使えるのには、国際ブランドが一役買っています。かつては(今でも)、様々な種類のクレジットカードが出回っていたため、店によってそのクレジットカードが使えたり使えなかったりして大変不便でした。そのうち、使用可能店舗数を飛躍的に増やし、世界中で使えるようになった、いくつかのブランドのカードが国際ブランドとなったのです。それが、VISA、JCB、MasterCard、アメックス、ダイナース、です。使用店舗数増加の競争に敗れたカード会社の中には、国際ブランドと提携して、国際ブランドを自社のカードに組み込むことで、世界中で使えるようにする会社が現れました。こうして、国際ブランド付きのクレジットカードを各社が発行するようになり、どの会社のカードでも世界中で使えるようになったのです。ところで、日本で有名なのは、VISA、JCB、Mastercard、の3つです。日本で発行されているクレジットカードのほとんどに、この中の1つが付いています。

この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」や「ツイート」で共有してくださいね!

このページの先頭へ